近代盆踊りヤグラ 愛称「ディスコ・ヤグラ」

 愛知県や岐阜県ではバブル時代黎明期1985年に流行した
歌手の荻野目洋子さんのヒット曲「ダンシング・ヒーロー」が、
盆踊りソングとして定着しています。
この映像をニュースで見たとき通常の盆踊りヤグラではなく、
現代風というかバブル風というか、
DJブースを思わせる 盆踊りヤグラが作れないかと夢想していました。
2019年が始まったばかりに冬なのに盆踊りヤグラを作りたいと
いう風変わりな注文が舞い込みました。

数々の有名人・芸能人・TV映画業界人を輩出し続ける
「日芸(にちげい)」こと日本大学芸術学部からの問い合わせでした。
「盆踊りヤグラの上でVJをやりたい」
さらにぶっ飛びの企画が加わりました。
ご担当の先生と打ち合わせが大いに盛り上がり
アルミトラスと盆踊りヤグラの融合が実現したのです。
照明方法などは日芸の学生さんがコラボレーションしてくれ、
これが初期型のディスコ・ヤグラのベースとなりました。

 

 

マハラジャやジュリアナなどで踊っていたバブル世代の方々も
地域社会に根を張って盆踊りの企画に携わる事が増えてきました。
従来型の盆踊り大会の来場者が減ってきている昨今、
「日本が輝いていた頃の雰囲気を盆踊り大会にも組み込みたい!」
そんな声が各地から聞こえるようになりました。

「地域の盆踊りを夏フェスに!」
エコクラフトの「ディスコ・ヤグラ」是非お試しください。

平成31年4月25日 株式会社エコクラフト代表 渕佑介

 

盆踊り・櫓(やぐら)ページ